睡眠の質を良くする生活習慣

夜10時~午前2時の4時間をシンデレラタイムとよび、この間に睡眠をとると成長ホルモンが多く分泌され肌細胞の再生力も高まり美容と健康にいいということを、女性雑誌の記事で知りました。スキンケアだけでは肌の加齢を止めることは難しいと限界を感じていたので、睡眠時間の改善に取り組むことにしました。

 

私の場合、10時という時間はちょっと無理なので、午後11時を過ぎた頃を目安に布団の中に入るようにしています。冬場は手足が冷えやすくて寝付きもいい方ではないので、中々寝付けないこともありますが兎に角午後11時過ぎには、お休みモードに切り替えています。

 

ここ三か月ほどは、このペースで眠りに入るようにしていたら、習慣づいてきて11時過ぎると眠気がおきてくるようになったのです。肌も以前より潤い顔色が良くなってきて美容効果も表れてきました。

 

以前は夜遅くにネット見たりしていて、そうすると益々目が冴えてきて眠れなくなることがよくありました。今の生活から考えると別人のような生活です。睡眠の質を良くする生活習慣は、美容効果を高めるためには大切なことだと実感しています。